iCampus.DEV

プログラミング学習では
活躍できるITエンジニア
なるのは、とても難しい

iCampus.DEVは、プログラミングスクールではありません。ITエンジニアになるためのエッセンスを集約した学習コースであり、プログラミングスクールとは全く異なります。

プログラミングは重要ですが、1つの要素にすぎません。

ソフトウェアベンダーが運営するからこそ、きちんと活躍できるITエンジニアを育てたいという思いから生まれました。

iCampus.DEV

プログラミング学習では活躍できるITエンジニアなるのは難しい

なぜならば、プログラミング(素材)を活かすために、足りないものが多すぎるから

iCampus.DEVは、プログラミングスクールではありません。ITエンジニアになるためのエッセンスを集約した学習コースであり、プログラミングスクールとは全く異なります。 プログラミングは重要ですが、1つの要素にすぎないのです。
私たちは、ソフトウェアベンダーとして、プログラミングだけ学んだ人材で上手くゆかないということを多くの機会で学びました。

実際に採用も行っているからこそわかる、難しさがあります。ほとんどの方が、何のためにそのプログラミングをできるようになったのか理解できていません。最終製品と結びついていないのです。それでは良い仕事は難しい。

プログラミングとは、ソフトウェアの素材、材料です。

素材は大切ですが、素材を活かす様々な要素が必要です。

それは知識。その素材を使った製品は、誰のどんな利益のために使われますか?

それは経験。技術をは経験であり、知識を持つ者だけが積み重ねることができます。また、先人から受け継ぐことも必要です。

それは視点。特定の工程だけ学んでも旧い技術者になるだけです。

プログラミングを1から10まで学んでも、やがて忘れるだけです。それならば、より活用するための知識や経験に時間を割きましょう。

これらは実務でも身につきますが、せっかく時間と費用をかけて学習するのなら、身になる学習をしてほしいと願っています。

どうして、学習内容が広範囲なのか

この後、コースの内容を見て、「私は○○になるのに、こんな学習必要なの?」と思う方もいるのではないでしょうか。

事実、現在のIT製造業務では工程別に人員を割り振って、SE等の指示のもとに製造を行うケースが多くあります。そのため、特定の工程についてのみ、学べばよいという風潮がありました。

しかし、IT白書ではそうしたITエンジニアは、数年のうちにリスキル、すなわち知識や技術の再習得が必要になると予測されています。※実際に先を行くアメリカでは、空前のリスキルブームと、人材不足です

したがって、今から学習する皆さんが、わざわざその分野の人材になる必要はありません。

それに、どの工程に就くにせよ、他の工程のことを知らずに品質の良い製品を作ることができないのは、ほかの職種でも同様です。

考えてみれば、医師や弁護士はある種同様に工程でわかれたり、専門分野のある職業ですが、彼らはその専門分野だけを学んだのでしょうか?

答えはNo。広範囲を学習することは決して楽ではありませんが、iCampus.DEVでは豊富な経験を持つエンジニアのサポートを受けながら、学習することができます。

プログラム、サービス、支援について

コースの内容

TECHNIC

プログラミング学習を中心として、様々な実践テクニックや課題を交えながらIT製品の開発、先進的なフレームワーク等を習得

  • HTML・CSS・UI/UX
  • Javascriptとフレームワーク
  • PHP・Python・Ruby
  • モバイルとWindowsアプリ
  • Git、チーム、デプロイ
  • LINUXサーバー
  • ネットワークとセキュリティ

Strategy

活用シーンや継続の仕方、セキュリティなど様々な必須数編知識を習得し、資格取得にも対応

  • ITの基礎知識
  • アルゴリズム
  • ハードウェア
  • IT経営、企業経営
  • マネジメント
  • セキュリティ
  • その他

EXPERIENCE

ITエンジニアへの道はとにかく実務経験。実務経験に準じる実際の業務と同じ内容を実施

  • 提案
  • 見積書
  • 契約
  • 計画の立案
  • 制作実務
  • テスト
  • 納品と請求

FUture path

学んだ次はそれを活かすあなたに合ったステージを見つけましょう。将来設計の専門企業と提携

  • ITエンジニア就職
  • 企業内エンジニア
  • IT製品で起業
  • フリーランス・ノマドワーカー
  • インターンシップ
  • 自社の経営力アップ
  • 海外就職

学習方法

Step by step

どのような形で学習するのか、事前に知っておきましょう

Step 1. 学習内容、シラバスの確認

iCampus.DEVには、成長に合わせたて様々なシラバスが設定されており、いくつかのコースに分かれています。プログラムを開始する前に担当メンターと話すことができますので、よく話し内容を確認し、納得して開始しましょう。
詳しいコンセプトや学習内容、シラバスなどについては、オンライン説明会を随時開催中です。

Step 2. チュートリアル

基本は、よくあるような動画学習です。動画を通じて、レベルに合わせたITプロダクトを作成するので、プログラミング教室でありがちな、今学習しているのは何のためか、自分が今何をしているのか見失わないようになっています。また、動画学習にすることにより、自分や他人の進捗度合いを気にしたり、何度も同じ質問をしづらかったりという心配を排除しています。何度でも繰り返し確認し、好きなペースで進んでください。

Step 3. 常にエンジニアが常駐

このプログラムでは、決められた時間内、担当メンターのITエンジニアがオンライン状態でつながっています。オンラインで自分の作業工程を見せたり、会話をしながらわからないところはすぐに質問することができます。挫折しそうになったり、難しくていやになったり、そんなときも気軽にメンターと話してください。
あなたの望むレベルまでずっとお付き合いします。

Step 4. 実戦さながらのタスク

このプログラムの一つの名物は、アウトプット量の多さです。動画で学んだことを「何となくわかった」状態にしないために、豊富な課題タスクでとことんアウトプットしていただきます。しかも、課題内容はベテラン現役ITエンジニア監修で実践的なテクニックも満載です。決して簡単な場合だけではありませんが、サポートがありますので安心して取り組んでください。

Step 5. 自信を付けたら、テスト

タスクが終わったら、テストの機会もあります。
テストはタスクと違いメンターがヘルプしません。ですが、終わった後に一緒にレビューを行い、自分の向上ポイントを明らかにします。70点を超え、自分も満足したら次の段階へ進みましょう。また、座学は講座ごとに小テストを行い、前回の内容を振り返ります。結果が振るわない場合は動画を再度見直しましょう。

Step 6. 座学講座も必修科目

プログラミングや、実践テクニックだけでは適切にITを利用することはできません。適切にIT開発、IT利用、IT製品を購入etcするために、最低限求められる知識があります。国家資格のITパスポートやITストラテジストの内容も準拠していますので、資格の取得も目指すことが可能です。将来に向け、あなた自身を証明する準備も始めましょう。

Step 7. すべての学習を終えたら

学習を終えたら、進路に関するサポートも行っています。就職するもよし、独立するもよし、海外で活躍するためのサポートも可能です。ここで蓄えたあなたの無限の可能性を形にしていきましょう。修了生には案件のあっせんも行っています。

Step 8. あなたの生涯のITメンター

このプログラムの特徴として、一度加入すれば無料で何度でも受講できます。内容が改定されれば、その内容も新たに学ぶことが可能なのです。また、進路に進んでからも、実践の内容も含めてアドバイスをしていますので、安心して羽ばたいてください。

インタビュー

iCampus.DEV 利用者の声

最新情報をお届け

iCampus.DEVからのお知らせ

オンライン説明会の予定や、各種イベント、変更などお知らせをお届けします

icampus20210127_02 .png

企業様向け 人材開発支援助成金を活用した「DXに対応するIT人材育成講座」を 開校

2021/01/26
先着20名様 10%割引_女性 (1).png

先着20名様 10%割引実施中です

2020/12/30

体験オンライン授業を開催しています

2020/12/25

オンライン個別相談会のご案内

2020/12/03

Our MISSION

私たちのミッション

現在においても、IT技術を習得するうえで最も効果的なプログラムを提供していると自負していますが、それにとらわれず常に最新の技術手法を現場からフィードバックし取り入れ、プログラム内容の拡充と更新を行ってまいります。

また、何度でも学習できる、好きなぺースで進められると決めたからには、挫折せずいつか最後までたどり着けるよう、とことんお付き合いしてゆきます。

修了後のサポートはもちろん、参加者同士の助け合い、交流や、案件のあっせん、実務の相談など末永くご利用ください。

当社はCookieを使用しています
Cookie設定
以下に、当社および当社パートナーがCookieを使用し、データを処理する目的に関する情報を示します。処理の設定を行ったり、パートナーのウェブサイトで詳細を確認したりできます。
分析Cookie すべて無効にする
機能Cookie
Other cookies
当社はコンテンツと広告をパーソナライズし、ソーシャルメディア機能を提供し、トラフィックを分析するためにCookieを使用します。 当社Cookieポリシーの詳細をご覧ください。
設定を変更する すべて同意する
Cookies